マッセイ大学の留学体験記 BSA I 留学を通して学んだこと

遠藤  晴菜さん 遠藤 晴菜さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・英語コース 2010年4月入学 立命館高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3

本当の異文化理解から見えてきた自分の夢

私が留学にいってよかったと思うことは主に二点あります。
一つ目は私の夢が明確になったことです。私はなんとなくバイヤーという仕事に興味がありました。そのためにマーケティングを学ぶ必要があると思い経営学部に入学しました。しかしそれはただ漠然と思っていただけで、服やインテリアが好きだったからです。バイヤーになるために何が必要かとか、どのような過程を経れば、バイヤーという職業につけるかなど、全く知りませんでした。留学に行ってホストファミリーとの生活が始まりました。私のホームステイ先はインド人とイギリス人夫婦の家庭でした。家にはインド調のものの中にもイギリスの文化が隠れていたりしたりして、様々な発見がありました。このように日本にいるだけでは感じることのできない異文化に触れられたことはとても大きく、私に様々な刺激を与えてくれました。それと同時に、異文化について深く考えさせられました。留学に行く前、私はニュージーランドでの生活に不安を感じていました。しかし、留学に行ってすぐに異文化についての考え方が変わりました。私は「異文化」という言葉を使ってしまうとその文化・生活を跳ね返してしまっているような気がします。自分の中にその文化を取り入れる姿勢こそが異文化理解に繋がると思います。せっかく日本では体験できないような生活をしているのだから、最大限に今を有効利用して自分の知識の構築につなげようと思うようになりました。そして、それらを感じたり触れたりするうちに、それらの文化を世界に発信していきたいと思うようになりました。このような異文化体験を通して世界で活躍するバイヤーになるという夢が明確になりました。そのためには普通の英会話能力だけではなく、自分の意見をしっかり持ち相手を説得させるだけの交渉能力を英語でつける必要があると感じ、今は英語の学習に力を注いでいます。

積極的な姿勢を学ぶ

また、現地での学校生活も私の意識をガラリと変えてくれました。現地の学生は積極的であり、何よりも学ぶことを本当に楽しんでいることが良くわかりました。グループワークやディスカッションの時、最初のほうは何も発言できなくて困っていました。自分の意見をしっかり持つことの大切さを改めて感じ、それを周りに発信していくことこそが重要であると感じました。また、ホストマザーと夕食後一時間ほど毎日英会話レッスンをしたことも大切な思い出です。私のホストマザーは私の英語がおかしいとき、すぐに直してくれました。最初は英語をしゃべることに不安を感じていましたが、ホストマザーとしゃべっているうちに、「間違えてもいいからとりあえず相手に伝えることが一番」ということに気づくことができ、この体験を通して授業への参加姿勢も変えることができました。このことは私を成長させてくれました。
これらが主に私が留学で学んだことです。これからはこの体験を活かして、自分の夢へ進んでいこうと思います。

マッセイ大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜遠藤さんが過ごしたある1週間
 午前午後
MonEnglish Class経営学家族と過ごす
TueEnglish Class経営学家族と過ごす
WedEnglish Class経営学家族と過ごす
ThuEnglish Class経営学 たまにField Trip家族と過ごす
FriEnglish Class経営学家族と過ごす
週末教会/家族と過ごす家族と過ごす 主に外出で、いろいろ連れて行ってもらった家族と過ごす

プロフィール

高校では留学に興味を持っていたが、部活動に専念していたため留学をあきらめていた。 経営学部に入学したと同時に、英語の学習を進める。2010年にBSATニュージーランドプログラムに参加したことにより、長期の留学も視野に入れ学習するようになった。

私の留学日程表

2010年4月 立命館大学入学→2010年5月 BSATを友だちから勧められる→2010年6月 BSATの準備を始める(事前学習など)→2010年8月 ニュージーランド・マッセイ大学へ出発→2010年9月 日本へ帰国→2011年1月 BSAWレディング大学への派遣が決定

留学中の光景4