カリフォルニア大学デービス校の留学体験記 BSA I plus 様々な変化を得られた1ヶ月

塩見 拓馬さん 塩見 拓馬さん 立命館大学経営学部 経営学科 2016年4月入学 滋賀県立膳所高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3

 私がこのBSAのプログラムを通じて得たものは、生活力・コミュニケーション力やリスニング力・行動力のアップ、またアメリカ人に対する考え方の変化でした。

 留学先のデービスは、一番凶悪な犯罪が自転車泥棒と言われるほど平和な街でした。寮は大学から自転車で5分ほどの場所にあり、食事は大学内の食堂を使えます。スーパーやドラッグストアも近くにあって大変暮らしやすかったです。寮では男子3人での共同生活で、一人暮らしの経験もない私には色々やるべきことが多くて最初は大変でした。生活していく中でのルールを決めたり、様々なハプニングに冷静に対処したりする力が身についたと思います。

 授業は全てビジネスに関するテーマで展開されており、起業について学ぶアントレプレナーシップの講義や世界の企業における事例を取り上げて議論するケーススタディの講義、ビジネスの場面でのコミュニケーションを学ぶ講義、フィールドワークやアンケートを行って調査を進めるビジネスリサーチの講義の4科目がありました。特に面白かったのがアントレプレナーシップの講義で、グループでそれぞれビジネスモデルを考案・発表してその案に値段をつけ合うという授業がありました。日本ではあまりない形式で起業のポイントについて楽しく学ぶことができ、非常にためになりました。

 また、ビジネスリサーチの授業では大学構内の人たちにインタビューする課題が多く出ました。最初は自分の英語がしっかり伝わるか怖くて躊躇していましたが、どの人も丁寧に答えてくれるので段々と自信がついてきて、気がつけばクラスで一番多くの人にインタビューできていました。他にも、週一回現地の大学生と話ができる機会や企業訪問など学びの場は本当に広かったです。どの授業でも自分一人だけで考えることは少なく、グループ内で意見を伝えることや、しっかり聞くことが求められたので自然とコミュニケーション力とリスニング力がついたと思います。帰国後に、高校でお世話になった英会話の先生と話すと、以前より先生の話がすんなり頭に入ってきたので耳をしっかり英語にならすことができたのだと実感しました。

 放課後や休日には多くの場所に遊びに行きました。授業が13時前に終わるので、他の国から来ているクラスメイトと一緒にランチを食べたり近くのタピオカジュースのカフェでお茶をしたりしていました。また、寮からもらえるカードで大学内にあるジム、プール、ボウリングなどの施設が無料で使えたのでほぼ毎日利用していました。無料で使えるバスもあり、アウトレットモールやサクラメントという隣の都市など、様々な場所を訪れました。デービスに走っているアムトラックという電車でサンフランシスコ観光も出来ました。中でも思い出に残ったのは、ロサンゼルスを訪れたことです。大学の旅行プランを用いても行くことは出来たのですが、私たちは自由なペースで旅行を楽しみたかったので飛行機やホテル、様々な交通手段を全て自分たちで手配することにしました。英語のサイトで予約するのに苦労したり、タイムスケジュールを考えたりと大変な作業は多かったのですが、その分学べることや現地の人とのコミュニケーションはたくさんありました。飛行機では各自の席がバラバラだったので、隣席の見知らぬ人と会話を楽しんでいたメンバーが何人かいて、仲良くなって連絡先を交換した人もいました。Uberも初めて使い、運転手との会話も楽しめました。全てが自分たちの計画・実行だったので、一から物事を始めて実行することを学び、フットワークも軽くなりました。

 最後に、一番大きく感じたのは、アメリカ人の心の広さです。旅先で道に迷っていると尋ねてもいないのに声をかけてくれる人や、飛行機の荷物置きのスペースを空けてくれる人、自転車を借りた店の人はトラブルがあったら連絡できるようにメールアドレスを教えてくれました。デービスでもどこでも優しい心を持った人が本当に多くて驚きました。日本はよく「おもてなし」の心や親切な人が多いという点で世界に評価されることがありますが、アメリカでは親切にするのが当たり前であるかのように、本当に心から自然に接してくれる人たちでいっぱいでした。アメリカの人々に対する考えが変わったのが大きな発見でした。このようにたった1ヶ月で多くの発見や成長ができたので、非常に有意義な夏休みになりました。迷っているなら是非行ってみて欲しいです。きっと自分自身に色々な変化があるはずです。

カリフォルニア大学デービス校の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜塩見さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon英語でビジネスの授業留学生の友達とカフェボウリング/課題
Tue英語でビジネスの授業ジムで卓球やバスケットボール寮のプールで遊ぶ
Wed英語でビジネスの授業アウトレットモールでショッピング課題
Thu英語でビジネスの授業ダウンタウン散策ダウンタウンで夕食
Fri英語でビジネスの授業留学生を寮に招いて遊ぶ課題
週末観光(ハリウッドやディズニーランド)サンフランシスコ観光ホテル宿泊

プロフィール

入学当初から、大学生活で一度は留学を経験しておきたいと考えており、BSAの色々なプログラムの説明会に足を運ぶ。 留学に行った経験がなく、海外も修学旅行でグアムに行った程度だったため、海外での経験が少なくても短期でビジネスについてプログラムを探していたところ、BSATplus を知って興味を持ち応募を決意する。帰国後はTOEICの点数アップのために勉強を続けている。

私の留学日程表

2016年4月 立命館大学経営学部経営学科へ入学→2017年5月 BSA I plusプログラムへ応募→2017年6月〜7月 事前講義・結団式→パッキング開始→2017年8月 BSATplusプログラムへ参加→2017年9月 日本へ帰国 事後講義を受け、TOEICに向けて勉強