蘇州大学の留学体験記 BSA I 新しい発見と学びの1ヶ月間

池田 詩帆さん 池田 詩帆さん 立命館大学経営学部 経営学科 2015年4月入学 鹿児島実業高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

現地での学び

 現地では平日の午前中は基本的に中国語の授業を受けていました。全くの中国語初心者から履修者まで、参加者の中国語のレベルはそれぞれ異なりましたが、お互いにわからないところを補完し合って学習が進められたと感じています。また、中国語の先生は日本人に合った中国語学習のカリキュラムを組んでくださり、中国語をすでに学習していた人にとっても基礎を再度学ぶ有意義な時間だったと思います。午後は、企業訪問や市場調査、蘇州大学の先生方による中国経済の授業などが行われました。企業訪問では事前に各自調査を行い、理解を深めてから現地に行ったことで芯のある学びを得られたと感じています。蘇州大学の先生方は日本語で授業を行ってくださり、中国経済の発展の変遷や、現在の課題、将来の展望などを解説してくださいました。また、中国から見た日本の経済についてもお話しいただき、普段大学で勉強している経営分野の学問とはまた違う視点で自分の専攻の分野を見つめられたと感じています。

蘇州での生活

 蘇州での生活は新しい発見や驚きに満ちた1ヶ月間でした。蘇州は私の抱いていた「中国」のイメージとは全く異なり、現在世界の市場といわれている理由がよく分かりました。交通網の発達により地下鉄が整備され、大きなショッピングモールや企業のオフィスなどが立ち並ぶ「先進国」であったというのが蘇州の感想です。授業後は友人と近くのショッピングモールで食事をしたり、カフェに行ったりすることが多かったです。1ヶ月の集団生活というのは拘束時間が長くストレスに感じることが予想されますが、ある程度自由時間が確保されており、各自リフレッシュする時間があったのでそのようなストレスを感じることなく1ヶ月過ごすことができました。大学の周辺にはショッピングモールや繁華街があり、生活に必要なものはすべて大学の周辺でそろえることができます(無印良品など日系のお店が大学のすぐ近くにあったことが安心感を与えてくれました)。休日には蘇州大学から出ているバスや地下鉄、タクシーなどで各地へアクセスすることができました。また、自分たちで目的地までたどり着くという経験は今後の自信にもつながると思います。食事面では日本の食事が恋しくなるということはあまりなく、ローカルのおいしいご飯も日系のレストランもたくさんあったので不便に感じることはありませんでした。

キャッシュレス文化

 蘇州で生活していて大変印象的だったのはキャッシュレス化の進展です。現地人がお金を払っている姿を見たことがないといっても過言ではない程、多くの人がスマートフォンのバーコードで支払いを行っていました。蘇州大学の先生のお話では、日用品の買い物や食事の出前まですべてがAlipayやWechatpay などで支払いが可能であるということです。中国では、eコマースの拡大・充足によってますます人々の生活の利便性が上がっています。日本を含む先進国に対してキャッチアップを行っていた中国が今では日本よりも進んだ生活を行っているという点に私は大変興味を持ちました。日本でも今後さらなるeコマースの発展が進むと考えられ、今の中国には日本の未来を映し出している部分もあるように思うので、そのような先進的な生活を体験することができたこともBSAⅠのメリットだと感じました。

おわりに

 私はゼミでの論文執筆に向けた事前調査を大きな目的として今回のBSAIに参加しましたが、それ以上に学ぶことがたくさんあったと感じています。就職活動を控えている3回生という時期に参加したことで今後のキャリア選択の幅が広がりました。中国は独立した市場であり、近くても遠い国というのが中国に対して持っていた私のイメージでしたが、実際現地に赴いて自分自身で今後中国の社会に期待される部分や改善されるべき部分などを感じることで、様々な側面から中国を見つめることができました。1ヶ月間の留学ですが、その後の進路や目標が明確になるような経験がたくさんできると思います。ぜひ、BSAⅠの参加を通して自分自身の可能性を広げる機会にしてください!

蘇州大学の詳細はこちら

~留学生活が見えてくる~池田さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon中国語の授業市場調査夕食・自習
Tue中国語の授業中国経済の授業買い物
Wed中国語の授業企業訪問学生交流会食
Thu書道体験中国経済の授業夕食・自習
Fri中国語の授業スポーツ大会買い物
週末遊び/買い物/観光など

プロフィール

海外経験としては、父の仕事の都合により幼少期の3年をアメリカで過ごしたことがあげられます。大学では1回生時に1ヶ月間のボストンでの語学留学を経験し、その後1年間休学してシアトルのコミュニティカレッジに留学しました。その際に新興国市場の経済に興味を持ち、復学後にアジア新興国市場における企業の国際経営戦略がテーマのゼミを選択しました。ゼミでの論文執筆に向けた学習・研究を目的に本プログラムへ参加。現在はプログラムでの調査・学びをもとにゼミでグループ論文を執筆しています。

私の留学日程表

2015年4月 立命館大学経営学部経営学科入学→2015年9月 ボストンの語学学校に留学(1ヶ月間)→2016年9月〜2017年8月 シアトルのコミュニティカレッジに私費留学(11ヶ月間)→2018年4月 「アジア新興国市場をめぐる企業の国際経営戦略」ゼミを選択→2018年8月 BSAⅠ中国に参加 蘇州大学に滞在(1ヶ月間)→2018年9月〜 BSAⅠでの調査を元にグループ論文を執筆中→2020年3月 立命館大学 卒業予定

留学中の光景3 留学中の光景4