マッセイ大学の留学体験記 BSA I 発見がぎっしり詰まった1ヶ月でした

廣田  直也さん 廣田 直也さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・英語コース 2007年4月入学 広島県立安芸府中高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

異文化に肌で触れる、それが留学

高校時代の留学経験から、大学に入っても留学を経験したいと強く願い、留学プログラムの充実している国際経営学科に入学しました。その思いからBSA1への参加を決め、2007年8月にニュージーランドのマッセイ大学へ1ヶ月の短期留学に行くこととなりました。留学は語学力をつけるだけでなく、異文化に肌で触れることで自分の視野を広げることもでき、学ぶものがたくさんあります。それを実感できるのが留学の一番の魅力だと思います。

1ヶ月の英語漬け生活

平日のスケジュールは、午前が語学の授業で午後が経営学の講義でした。もちろん全て英語です。特に午後の講義は、1回生の後期から始まる英語経営学入門と同じように英語で経営学を学ぶというものだったので、夏休みの間にBSA1を通して経験したことが後期に入って非常に役立ちました。休日は友達と街の中心部へ出掛けたり、ホストファミリーと会話したり一緒にドライブに行ったりと、ニュージーランドを満喫する事ができました。
今回BSA1に参加することで普段の大学生活では得られない貴重な体験ができ、多くのものを得ることができました。特にコミュニケーション力や語学力の向上を最も実感しています。1ヶ月という短い期間ではあるものの英語漬けの生活という環境は僕の中で非常に有益なものとなりました。留学に対して不安を持っている人もいると思いますが、BSA1では多くの仲間が一緒に留学に行くため、楽しさも困難も皆で分かち合うことができます。また、大学生活において新しい仲間と出会える機会でもあります。少しでも留学に興味がある人は是非BSA1に参加してみてください。

マッセイ大学の詳細はこちら

プロフィール

広島県立安芸府中高校出身。  高校時代にはイギリスやオーストラリアへの短期留学経験を持つ。さらに留学経験を積み、語学力向上を目指すため国際経営学科に入学。1回生の夏休みにBSA1プログラムに参加しニュージーランドのマッセイ大学へ留学。立命館大学ではRBC立命館大学放送局に所属し、正課だけでなく課外活動にも力を入れている。将来は学生生活で培った語学力を活かせる職業に就き、国際的な活動をしたいと考えている。

私の留学日程表

2007年4月 立命館大学入学→2007年5月 留学先決定→2007年8月 ニュージーランドへ出発→2007年9月 日本へ帰国→2008年1月 BSA1報告会

留学中の光景3