対外経済貿易大学の留学体験記 BSA I 留学で自分を見つめなおす

小田  俊介さん 小田 俊介さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 中国語コース 2008年4月入学 愛媛県立西条高校出身 留学中の光景1

人生のキーポイントになった中国留学

私はBSA1に参加し、中国語はもちろん中国経済や中国での企業活動について幅広い知識を得ることができました。中国語の授業はほとんど毎日あり、ネイティブの先生が中国語のみで授業を進めるため、聞き取ろうと必死でした。その成果で、スニングや会話の能力が飛躍的に上がり、1時間以上中国人と中国語のみで話したこともありました。また、いくつかの中国企業や日系企業を訪問した際には、中国での企業経営の「難しさ」を感じたと同時に「面白さ」を感じ、深い興味を持つことが出来ました。
私が中国で得たのは語学力と経営学の知識だけではありません。私が中国に参加して感じることは自分自身が大きく成長できたということです。中国の学生と交流し感じたことは、彼らは自らの目標をしっかり持ってそれに向けて一生懸命に勉学に励んでいるということです。そのような学生たちと交流していくなかで、自分の勉強や将来に対する考え方が変わり始め、帰国後は中国で日中ビジネスにかかわりたいという目標に向かって、経営学や中国語、さらには英語の勉強にも積極的に取り組んでいます。
今ではBSA1の北京での留学体験は私にとって人生のキーポイントとなったと感じています。留学して違った環境に身を置くことでこれまでの自分を見つめなおし新たな一歩を踏み出すきっかけになると思います。ぜひ留学をして充実した学生生活を送ってほしいと思います。

対外経済貿易大学の詳細はこちら

プロフィール

愛媛県立西条高校出身。 海外と日本の企業経営に興味を持っていたこと、これから経済成長が期待される中国に強い関心を持っていたことから2008年、国際経営学科中国語コースに入学。1回生の夏には中国・北京の対外経済貿易大学へ1か月間短期留学。在学中にはさらに1年間の中国留学を計画している。将来は世界中から注目を浴びる中国で日中ビジネスにかかわりたいと考えている。

私の留学日程表

2008年4月 立命館大学入学→2008年5月 中国への短期留学決定 授業を中心に中国語を学ぶ。事前講義で中国経済や中国の日系企業、中国企業についての知識を深める。→2008年8月 中国に出発 中国語を学ぶと同時に中国の企業や日系企業を訪問。また、パラリンピックを観戦するなど充実した日々を過ごす。→2008年9月 日本へ帰国

留学中の光景2