蘇州大学の留学体験記 BSA I 大きく成長できた留学生活

西山  祥平さん 西山 祥平さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 中国語コース 2010年4月入学 大阪府立三島高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3

行ってみて初めて分かること

夏休みの中国留学で、自分は本当に大きく成長できたと思います。最初、留学に行くにあたって中国語も全く話せないし不安で押しつぶされそうになりました。しかし、いざ行ってみて仲間と1か月間中国で一緒に過ごしてみると、かけがえのない1か月間だったと思うし、本当に行ってよかったと思います。全く話せなかった中国語も、向こうに行って現地の生活に触れて中国語でしか話せないという環境と、毎日中国人の先生に教えてもらう中国語の授業のおかげで行く前よりは、格段に語学力は伸びたと思います。
最初はタクシーで移動するときにも言葉が通じず行先にいけないこともあったのですが、それが最後のほうには言葉が通じるようになったのがうれしいのか、みんな率先して話すようになっていました。それに現地に、行ってみないとわからないようなこともたくさん学びました。中国と日本は仲があまり良くないと一般的には言われていて、友人たちにも心配されていたのですが、実際に行ってみると交流した学生や担当してくださった先生方をはじめ、日常生活でかかわった中国人みんな自分たちが日本人だとわかっていながらも自分たちの片言の中国語にも丁寧に耳を傾けてくれて、話すときは自分たちのためにゆっくりと話してくれて、中国人の方々の暖かさにも触れることができました。また現地の史跡名所にもたくさん行って歴史を感じる建物を見たり、中国にある企業を訪問して、経営に関する話を聞かせていただいたり、と中国に行ってみて初めて分かることばかりでした。
そして、夢を持って勉強を頑張っている中国人の学生さんたちの姿を見て自分もこのままではダメだと考えるようになりました。

仲間がいるからやり遂げられた

自分は今回、団長という立場で留学に行っていたのですが、団長をやらせてもらえたおかげで人間的にも成長できたと思っています。人の上にたってみて初めてわかる「みんなをまとめること」の難しさや大変さ、自分のことだけではなく、みんなのことも気に掛けながら生活していく難しさも身をもって学ぶことができました。しかしその反面、仲間の大切さも学ぶことができました。自分の思っていた以上に現地での仕事は多くて、自分一人だけでは到底やり遂げることはできなかったと思います。しかし、それをみんなが協力してくれて、仕事を手伝ってくれる友人がいたり、自分の体調が悪かった時に頼んだことをやっていてくれたりと、一見当たり前のように思えることですが、一人ひとりの気遣いや優しさがあったからこそ自分は団長という役を最後までやることができたと思います。逆に一人でもかけていたらうまくいかなかったと思えるほど、自分の中では仲間というのは大きな存在になっていました。みんなの笑顔が励みになって毎日頑張れていたと思います。留学に行ってみて本当に語学力はもちろんのこと、人間的のも一回りも二回りも大きく成長して帰って来ることができて、ここには書ききれないほどのものが手に入ったので留学に行って本当に良かったと思います。これからも中国での留学で学んだことを忘れずに日々の生活に全力で取り組んでいきたいと思います。

蘇州大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜西山さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon中国語中国経済について-
Tue中国語中国経済について-
Wed中国語中国経済について-
Thu中国語自習-
Fri中国語文化体験-
週末企業訪問学生交流会-

プロフィール

幼少期にアメリカに在住した経験があり、更なる自分の語学力の飛躍を目指して留学体制の整っている国際経営学科に入学を決意。将来のために一つでも多くの語学を学びたいと思い、英語コースではなく、まったく知識のない中国語を学ぶことを決めて中国語コースを専攻する。実際に中国に行って中国人と触れあい文化や歴史についても学びたいと思い留学する。これからは中国について専門的な分野を学び、知識を広げていきたい。

私の留学日程表

2010年4月 立命館大学入学→2010年5月 BSATに行くことを決意→2010年7月 事前講義等が始まる→2010年8月 中国へ出発→2010年9月 日本へ帰国→2010年10月 BSAT中国事後講義

留学中の光景4