ウエスタンミシガン大学の留学体験記 BSA I 新しいチャレンジに留学はどうでしょうか。

岩井  宥樹さん 岩井 宥樹さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 英語コース 2011年4月入学 三重県立三重高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

新たな気持ちでチャンスを活かす

私が今回留学した理由は、新しい経験をしたい!という気持ちが強かったからです。中学や高校でも、短期留学に行くチャンスはありましたが、部活や受験を言い訳に「行けない」と言って、何もしてきませんでした。留学プログラムの存在を知ったのは、大学に入ってからですが、せっかく大学に入って視野が広がるチャンスがあるのなら、それを活かそうと思い、すべて新鮮な環境に自分の身を置ける留学に応募しました。

本当に「使える英語」を身につけること

アメリカでは刺激の多い日々を送り、様々なことを学びました。その中で一番大きかったものは、自分の力不足を実感できたことです。高校時代は、英語を得意科目としていました。なので、(すぐに自惚れと気づくのですが)やっていけるだろうと思いながら渡米しました。アメリカについて初日は、挨拶や自己紹介程度だったので、緊張はしたものの、なんとなく会話は成立しました。しかし、学校が始まり、ホストファミリーとも面会し、常に英語のみを使う環境になった途端、喋れない。高校の時に頑張って覚えたあの英単語、英熟語がいざという時に出てこない。それだけでなく何を話したらいいのかわからなくさえなりました。正直ショックでした。そこから意識したのは「解く英語」ではなく「使える英語」を身につける、ということです。このプログラムでの宿泊は、ホテルや寮ではなく、アメリカ人の家でのホームステイです。つまり、英語を話さなくてはいけない環境だということです。これは非常に恵まれた環境だと思います。「郷に入っては郷に従え」という言葉があります。日本語は使えないので、コミュニケーションを取るためには英語で話さなくてはなりません。使う英語はすべてコミュニケーションのための英語となるので、使える英語を学ぶには最適だったと思います。

何事もチャレンジすることから始まる

今回私は、「留学」という新しい経験をしました。この文章を読んでくださっているということは、皆さんは留学に興味があるのかと思います。もちろん留学は語学力や異なる文化で生きてきた人と関われて、沢山のことを学べるいい経験だと思います。しかし大切なことは、「留学をする」という行為ではなく、「チャレンジ」だと思っています。何事に関してもチャレンジしなければなにも得られません。成功も失敗もすべてチャレンジしなければ得られません。その中で、自分が身につけたいものが留学で得られるのなら、また、たとえ今やりたいことが無くても、新しい環境には発見が多々あるので、何かを見つけるという目的でもいいので、留学は是非参加するべきだと思います。立命館大学は留学のプログラムが充実しており、チャンスはたくさんあると思うので、是非活用するべきだと思います。

ウェスタンミシガン大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜岩井さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon現地の先生による英語の授業現地企業についてグループワークによるマーケティング調査ホストファミリーと過ごす
Tue現地の先生による英語の授業現地企業についてグループワークによるマーケティング調査ホストファミリーと過ごす
Wed現地の先生による英語の授業現地企業についてグループワークによるマーケティング調査ホストファミリーと過ごす
Thu現地の先生による英語の授業現地企業についてグループワークによるマーケティング調査ホストファミリーと過ごす
Fri現地の先生による英語の授業現地企業についてグループワークによるマーケティング調査ホストファミリーと過ごす
週末ホストファミリーの予定に合わせて1日を過ごす。

プロフィール

今まで海外留学経験は無かったが、いたるところで「グローバル人材」と言う単語を耳にするようになり、海外経験に興味を持つ。高校時代は英語を得意科目としていたが、テストを解くことがグローバルではないのでは、と感じBSATアメリカプログラムに応募。今までの勉強を「実践」することができないということを痛感し、留学を通して、解く英語だけでなく、使える英語を習得する、という新たな目標を持つことができた。

私の留学日程表

2011年4月 立命館大学入学→2011年4月〜5月 ガイダンス出席や資料の収集→2011年5月〜6月 書類選考、面接→2011年7月 VISA取得、事前授業→2011年8月 荷造り、出発→2011年9月 日本へ帰国