ウエスタンミシガン大学の留学体験記 BSA I 何もかもが新鮮!!

北村 英里子さん 北村 英里子さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 英語コース 2011年4月入学 京都府立西城陽高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

初めての海外生活、不安を乗り越え自信へ

私はこのBSATが初めての海外であり、初めての留学でもありました。直前まで実感がなかったのですが、飛行機からアメリカ本土が見えて緊張しました。私たちのときはフライトが6時間遅れるといったハプニングがあり、カラマズーに着いたのも深夜で、当初の予定と変わってしまうというトラブルがありましたが、空港でウェスタン・ミシガン大学の先生方が出迎えて下さり、何だかホッとしたのを覚えています。学校生活ですが、私のホストマザーは病院で勤務しているということもあり、朝早かったので、最初の登校から一人でバスだったのでものすごく不安で仕方ありませんでした。新しい土地にも雰囲気にも慣れない中、バスの番号ととりあえずダウンタウンで乗り換えがあると教えてもらったのですが、ダウンタウンがどっち方向なのか分からずあたふたしているうちに乗るべきバスが通り過ぎたりして泣きそうになりました。人に聞こうにもアメリカでは車社会なので歩いている人がいないのです。ようやく次のバスが来て、運転手さんにどうやって大学に行けばいいかを尋ねると、本当に親切に教えて下さって、安堵しました。同時に自分の英語が通じたことやアメリカ人が話す英語が実際聞き取れたことは自信に繋がりました。また授業などにおいては大学の先生方も皆さん、本当に親切でとても分かりやすい英語で話してくださるし、アメリカにおける経営方式などについてもたくさんのことを教えてくださりました。またゲストスピーカーの方が来て、実際のお話も聞けたり、私たちが企業訪問してマクドナルドの裏側の見学やIMAXの映画を見たりして、英語だけでなく、経営学も十分に学ぶことができたと思います。

文化の違いも学んだ充実した時間

学校の授業が終われば、自由の時間です。本当に毎日毎日が充実していたように思えるし、カルチャーショックもたくさん受けました。ホストマザーがよくショッピングに連れていってくれましたが、どのお店もびっくりするくらい安いのです。おかげでたくさんお土産を買ってしまいましたが・・・。食べ物も日本より断然ビッグサイズなうえに、値段も安いのです。映画も日本の半額ほどで見ることができます。また友達と一緒にお出かけしたり、BBQパーティに参加したりもしました。そこでアメリカ人の同世代の子たちともお友達になることができたのですが、とても大人っぽくて驚きました。日曜日の朝は教会でミサに参加もしました。疲れて家でじっとする日も時にはありましたが、アメリカのテレビ番組を見たりして、どんなことをしても新鮮でした。シカゴ旅行も本当に楽しく、たくさんショッピングをしたり、遊園地で遊んだり、街並みを歩くだけでも楽しめ夢のような時間が過ごせました。ホテルの眺めも素晴らしくミシガン湖を一望できるし夜景も綺麗で感動しました。あとは砂漠や森林をバギーで高速で駆け抜けたり、アメリカでしか経験できないような経験もでき最高のひと時でした。
初めの一週間は時差ぼけやホームシックになり、本当に一ヶ月もアメリカで過ごせるのかなと不安になりました。でも少しずつアメリカの生活も慣れ、外国人に対しても戸惑うことがなくなりました。バスでは時々乗り合わせた方が話し掛けてくれ、最後にはHave a nice day!と言ってお別れします。普通に街の方々と会話できるのが私には嬉しかったです。また、先生が家まで送ってくれた時に、アメリカ人男性は女性を家に送るときはちゃんと中に入るまで見送るのが当たり前だと言っていて、これがジェントルマンなんだなと思ったこともあります。本当にひとつひとつの出来事が初めてのことばかりで、すべて良い経験になったと思います。また、外国人の方に対しても物怖じも全くしなくなり、一人で行動することにおいても自信に繋がったと思うし、文化の違いや、日本を離れてからこそ分かる日本の良さや悪さもすごく分かりました。BSATに参加して、たくさんのことを吸収していろんな意味で成長できたと思います。

ウェスタンミシガン大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜北村さんが過ごしたある1週間
 午前午後
MonClass/企業訪問Group WorkShopping
TueClassGroup Workペットと遊ぶ/テレビ
WedClass映画/砂漠をバギーで爆走BBQ
ThuClassGroup Workステーキレストラン
FriClassGroup WorkFestivalに参加
週末シカゴ旅行/教会Shopping/映画-

プロフィール

小学校低学年から英会話教室に通っていて、英語に興味があったが、BSATに参加する以前に海外留学の経験はまったくなく、外国人の方々に触れ合う機会も英会話教室のテストが行われる際のみであった。なので、大学で留学することがずっと夢だった。 ビジネスにも高校から興味があったので、ビジネスと国際的なことが学べる国際経営学科に入学。そしてBSAの説明会に参加して、自分の実践的な英語力を高めることやアメリカ人の方々との交流、アメリカにおける経営方式を学びたいと思い、BSATに参加。

私の留学日程表

2011年4月 立命館大学入学→2011年5月 パスポート取得→2011年6〜7月 BSAT事前授業→2011年8月 アメリカへ出発 ウェスタンミシガン大学での授業→2011年9月 日本へ帰国→2011年10月 事後授業 グループプレゼン