ブレーメン州立経済工科大学の留学体験記 BSA II 長期留学経験から学び、感じたこと

山本  雄貴さん 山本 雄貴さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 英語コース 2009年4月入学 京都市立日吉ケ丘高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

このタイミングに留学を決断した理由

私は、ドイツのブレーメン州立経済工科大学に約半年留学していました。私が留学したのは三回生の後期で、ちょうど就職活動が本格的に始まる時期での留学でした。この時期に留学すると、会社説明会に参加できないなど、やはり多少のハンデがあります。しかし、それでも私が留学を決断した理由は、学生中にしか体験できない、貴重な体験に必ず成り得ると感じたからです。例えば、社会人になってから長期間海外に留学するチャンスを得るのは、やはり難しいと思います。また、異文化の中に飛び込み、色々な国の生徒と一緒に学ぶということは、本当に大きな刺激になり、学ぶことが多いです。この様な理由により、半ば直感に近い形で留学を決意しました。

「とにかく行動し、体験する」 留学の醍醐味

ブレーメン州立経済工科大学では、各国から数多くの留学生を受け入れています。その中でも特にヨーロッパ、ラテンアメリカからの留学生が多いというのが印象的でした。この中では特に、日本との文化の違いを感じる機会が多いです。私の場合、ルームメイトがイギリス人、ウクライナ人、チリ人などバリエーションに富んでいましたので、時に日本との常識の差に驚かされながらも、楽しく生活することができました。
私が留学中に意識していたことは「とにかく行動し、自ら体験する」ということです。当たり前ですが、留学の醍醐味はこの点にあると思います。私も留学中は様々なチャンスを活かそうと考えてきました。例えば、ブレーメン州立経済工科大学では、正規の授業以外に"Weekend Seminar"という講義があるなど、自分の興味関心に従って様々な事を学ぶことができました。私は、面白いと思った授業は積極的に履修し、有意義な経験をすることができました。また、大学に日本経済について学んでいる学科がありますので、その学科のドイツ人達とタンデム(学生同士が組みになって語学を教えあう取り組み)を組み、ドイツ語を教えてもらうことができます。このタンデムでのつながりを通して、たくさんドイツ人の友達を作ることができました。
勿論、パーティーにもたくさん参加しました。特に渡航した初めの一週間は、毎晩歓迎パーティーがあり、たくさん知り合いを作ることができました。またブレーメンでは、季節を通して様々な行事があります。例えば、11月には「フライマルクト」と呼ばれる、移動式遊園地のようなものが一ヶ月間来ます。巨大なジェットコースターや観覧車が、わずか4日間ほどで組み立てられるというのがにわかに信じがたいのですが、アトラクションも多く出店などもあり、充実しています。私も友達とよく遊びに行きました。また、学校主催の交流パーティーや、ベルリン旅行などの企画も充実しているので、楽しめると思います。この様に「遊び」という面からも充実した生活を送ることができました。

ヨーロッパ旅行で様々な文化に触れる

また、ヨーロッパに留学するチャンスがあった時に是非経験してもらいたいのは「旅行」です。ヨーロッパの国々は、思っている以上に簡単に移動することができるので、気軽に旅行することができます。一度に数多くの国々を訪れるというのも中々経験できないことですので、是非様々な土地に足を運び、文化を感じ取ってもらいたいと思います。
私は学生のうちに長期間海外留学し、現地の文化を感じながら大学で勉強することができ、本当に良かったと感じています。日本国内で生活しているだけではわからないこともたくさん学ぶことができ、視野を広げることができました。そして何よりも、語学力の面など様々な壁に突き当たり、もがき苦しむ中で、人間的に成長することができたと感じています。皆さんにも機会があれば是非参加して貰いたいと思います。

ブレーメン州立経済工科大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜山本さんが過ごしたある1週間
 午前午後
MonIntroduction of EconomicsTandemEnglish Course
Tue-Diversity ManagementGerman Course
Wed-Tandem友人と夕食/自習
Thu-Business EthicsGerman Course
FriTandem自習パーティー
週末掃除/洗濯友人と遊ぶ/自習友人と遊ぶ/パーティー/自習

プロフィール

中学時代に洋楽ロックを好んで聞いていた影響により、高校では英語教育に力を入れる学科に進学。この時3週間のオーストラリアでのホームステイを経験し、初めての異文化経験に衝撃を受ける。大学では、語学に加え経営学を国際的視点から学べる点に興味を感じ、国際経営学科に進学。 学生生活では、TOEFL等英語の勉強に力を入れると同時に、簿記の学習なども並行して行う。ゼミでは国際人的資源管理について研究している。

私の留学日程表

2009年4月 立命館大学入学→2010年9月 TOEFL PBTで留学出願の基準点を満たす点数を取得→2010年11月 BSAU・ブレーメン州立経済工科大学の合格通知を得る→2011年6月 渡航準備を始める→2011年9月 ドイツへ渡航→2012年2月 日本へ帰国