レディング大学の留学体験記 BSA IV 留学を通して学んだ事

遠藤  晴菜さん 遠藤 晴菜さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 英語コース 2010年4月入学 立命館高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

「日本人のいないところ」に行く

まず、私がBSAWを選んだ決定的な理由は、日本人が派遣先の大学にいないというのが大きな理由でした。実際のところ、大学院には数名いらっしゃいましたが、大学で日本人を見るというのはなかったです。留学先として派遣先大学をえらぶ時に、「日本人のいないところ」という条件はマストでした。
実際留学をしてみて、そのような条件におかれると「自分」という人間がいかに小さく、世界で起こっている色々な事に対し、いかに無頓着であったかを知る事ができました。「視座をかえることで、視点が増え、視野が広がる」ということを実感した8ヶ月でした。
それと同時に、今まで日本で「自分の英語力への自信のなさ」を恥じらって全くしゃべろうとしていなかった自分が嫌いになりました。そのきっかけは、イギリスで出会った中国人でした。何をしゃべっているのか本当にわからないくらいアクセントが強く、私にとっては理解不能でしたが、それでも他の留学生やイギリス人と仲良くしているのを見て、「なにくそ!」という思いにさせてくれました。英語をしゃべるにおいて大切なのは自分の英語力に対する自信ではなく、姿勢なのだと教えてくれました。

皆に支えられ「人生で一番楽しい時」を過ごす

留学している間、一番感じたのは私は本当に恵まれているという事です。心配して週一回はスカイプしてきてくれた親、私の事を妹のように可愛がってくれたフラットメイト達、毎回質問に答えてくれた先生、そしてなにより毎日のようにばか騒ぎして、たまに喧嘩もして遊んだ友達、多くの人のおかげでたくさんの経験をすることができました。私にとってイギリスで過ごした時間は「今までの人生で一番楽しかった時」です。これからは、それを越えられるようなチャンスをたくさんつかんで人生を充実させていきたいと思います。

レディング大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜遠藤さんが過ごしたある1週間
 午前午後
MonInternational English(English)Politics-
Tue自習Business and Management-
WedBusiness and Management International English(English)International English(English) Academic skills(English)ホッケー
ThuBusiness and ManagementInternational English(English)-
Fri自習Politicsホッケー
週末買い物/掃除自習パーティー

プロフィール

中学三年のときの英語の先生に影響されて一時は英語を大好きになったが、そのあと全く興味がなくなり経営学部経営学科へ入学。大学で改めて英語の大切さに気づき、二回生で国際経営学科へ転科。二回生後期からイギリスのレディング大学に留学。三回生からは英語開講の授業に積極的に参加。ビジネスの場でも通用するような更なる知識の構築を目指している。

私の留学日程表

2010年4月 立命館大学入学→2010年11月〜 レディング大学プログラムへの参加準備を始める→2011年1月 レディング大学へ留学の選考(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)→2011年4月 国際経営学科へ転科→2011年8月 イギリス・レディング大学に出発→2012年4月 日本へ帰国

留学中の光景3