蘇州大学の留学体験記 BSA I 挑戦し続けた1ヶ月

久乗  亜由美さん 久乗 亜由美さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 中国語コース 2012年4月入学 立命館宇治高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

3ヶ国語を習得したいという思いで選んだ中国

3ヶ国語を話したい!そういった思いから私は中国語コースを選びました。まだ、中国語を習って4ヶ月しかたっていませんでしたが、大学在学中に中国への長期留学を考えていた私は、まず中国という国について知りたいと思い、今回のBSATへの参加を決めました。
中国での生活は、毎日が新しいことばかりでした。授業が終わると学校の近くのショッピングモールやダウンタウンへ出かけ、おいしいものを食べたり、買い物に行ったりしました。中国は、物価が安いのでおいしいものをたくさん食べられます。私達が普段日本でよく食べている「中華」以外にも、屋台でたくさんのローカルフードを食べました。
フィールドワークでは上海、南京、そして虎丘などの蘇州の観光名所に行きました。南京虐殺の博物館では、日本では見ることのできない中国側の伝える歴史が展示していて、とても興味深かったです。同じ歴史でも、伝える側が違うだけで情報量に差があり、一方の側面だけを見て、判断してはいけないと思いました。そして、2泊3日で行った上海旅行で印象に残っているのは、上海の夜景と東方明殊塔です。経済発展する中国の象徴だと思いました。上海では、観光を楽しむとともにJTB上海やJETROなどに企業訪問に行きました。将来、アジアを舞台に働きたいと考えているので、今後の中国市場や、求められる人材、大学在学中に何を学べば良いかなど、たくさんのお話を聞くことができて良かったです。
中国語の授業は、中国人の先生が教えてくれます。授業中は、中国語のみの授業なので、最初のころは何を言っているのかわからず大変でしたが、だんだん先生の話しもわかってきました。この授業の良かったところは、既習者も初習者も一緒に授業を受ける事ができる点です。お互い助け合い、一緒にグループワークをする中で楽しく中国語が学べました。中国語の発音は難しく、言葉が通じず苦労しました。しかし、自分達だけでタクシーに乗り、目的地に着いたときは少し成長したことを実感しました。

初めての体験からチャレンジ精神を学ぶ

この1ヶ月、本当に充実していました。初めての中国、寮生活、中国語しか通じない環境など。毎日が新しいことばかりで、日々自分の視野を広げていくことができました。現地の学生との交流を通じ、もっと語学勉強を頑張ろうと思いました。中国の学生は日本の学生と比べて真面目で枠にとらわれず、自己表現力が豊かであると感じました。
この留学で学んだことは、まずはなんでもやってみること。限られた時間の中で、より多くのことを吸収するには、チャレンジしないと何も始まらないということです。自分達だけでタクシーに乗ったり、遠くへ出かけたりなど。言葉が通じない事を理由にして、閉鎖的になるのではなく、とにかくやってみるチャレンジ精神が大切だと思いました。
そして、中国人に対するイメージも変わりました。中国に留学する前は、現地の学生が日本人に対して悪いイメージを持っているのではないかと不安でした。しかし、現地の学生との交流やホームビジットを通じて、今まで自分視点から判断してきたものをアイデンティティーとして受け入れることができたと思います。
そして、アジアを中心にビジネスが展開されていく現在、中国語の重要性について再認識し、自分の夢をより明確にできました。
―Let's go abroad !―
大学生活は、4年しかありません。だからこそ、色々なことに挑戦してほしいと思います。留学をすることによって、語学力の向上や視野が広がるだけでなく、たくさんのかけがえのない仲間にも出会えます。言葉が通じなくて苦労することもありますが、自分の殻を破るチャンスだと思います。中国では、言葉が通じず苦労しましたが、言葉が通じなくてもなんとかなります!できないのではなく、やるかやらないか。絶対になんとかなります。あまり深く考えずに、とにかく行動にうつしてください。そうすれば、今まで知らなかった自分を見つけられると思います。

蘇州大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜久乗さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon上海 企業訪問@JETRO企業訪問@JTB上海雑技鑑賞
Tue自由行動企業訪問@日系企業・製造業自由行動
Wed自由行動上海→蘇州へ自由行動
Thu中国語の授業中国語の授業自由行動
Fri中国語の授業日本企業の中国事業展開についての授業(日本語)学生交流
週末【Fieldwork】@ 西山【Fieldwork】@昆劇の観劇自由行動

プロフィール

立命館宇治高等学校出身。 高校では1年間カナダへ留学。 留学や、日中青年会議、RUISFなどを通じ、自分の知らない世界を知りたいと考え、海外に興味を持ち始める。2012年、国際経営学科に入学。英語の次に主要言語である中国語や、中国ビジネス、文化に興味を持ち、中国語コースを選択。1回生の夏にBSATで蘇州大学に留学。2回生の夏から、マルチリンガルになるという目標達成のために、香港中文大学に留学予定。

私の留学日程表

2012年4月 立命館大学入学→2012年5月 BSAT、蘇州大学への参加が決定→2012年6月〜7月 事前講義授業→2012年8月 中国・蘇州へ出発→2012年9月 日本へ帰国→2012年10月 事後講義授業→2013年9月 香港中文大学に留学予定