HIAの海外実習体験記 BSA III サンディエゴでの貴重な日々

笠原  杏介さん 笠原 杏介さん 立命館大学経営学部 国際経営学科・ 英語コース 2009年4月入学 初芝高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2

異文化に触れ苦労しながら得た喜び

私はアメリカ、サンディエゴにあるCarlton Oaks Golf Courseにおいて5週間研修を受けました。Carlton Oaks Golf Courseの中ではFood&Beverage部門であるレストランにて、ウェイター兼バーテンダーとして毎日働きました。私の内定先が食品メーカーである点と、アメリカの食産業を学びたい点、英語を使いながら働く体験をしたかった点の3点を現地のエージェントに考慮して頂き、この企業を私の派遣先として選んで頂きました。
レストランの中では、お客様はもちろんのこと、同僚も全員アメリカ人だったので英語漬けの生活を送れ、実用的な英語を学ぶことができました。その上、アメリカの食産業(レストランの運営システム・アメリカンホスピタリティ・アメリカ人の食の趣向・食品卸やメーカーとレストランの関係など)を、ウェイターとして働く中で直に学ぶことができたので、この研修は私にとって非常に有意義なものとなりました。
業務内容は、お客様のご案内、オーダー取り、お料理・ドリンクの提供、ドリンクの準備(ビールを注ぐ、カクテルを作るなど)、クイックメニュー(ホットドック・サンドウィッチ・スナック類)の販売、お会計の処理などでした。やはり直接一般のお客様と接する仕事だけに、私自身、日本で接客業の経験はありましたが、最初の方はとても緊張しました。
研修が始まった当初は同僚、お客様が言っていることが全く理解できずに苦しみました。その上、食文化が全く異なり、日本では馴染みのないメニュー(タコス、ブリドー、カサディア、カニサダ、アラパマなど)のオーダーを取らなければならなかったので、最初はメニューを覚えるのにとても苦労しました。また、日本とアメリカの接客のスタイルが全く異なる点にも悪戦苦戦しました。
しかし、徐々に英語と仕事に慣れていき、3週間を過ぎたころにはいくつかのお客様のテーブルの担当を持ち、すべての接客業務を任して頂けるようになりました。アメリカはチップ制度なので、お会計の際にお客様から「君のサービスはよかったよ」と言って頂き、直接チップを頂戴した時はとても嬉しかったです。
休日は主にホストファミリーにビーチ、ショッピングモール、映画館など様々な所へ連れて頂きました。また、上司のお宅にお邪魔し、フットボールの観戦パーティーにも参加したりと、アメリカの文化を肌で感じることが出来ました。

HIA(アメリカ)の詳細はこちら

~留学生活が見えてくる~笠原さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon10:00 始業15:00 終業 
日報を書き16:30頃 帰宅
-
Tue10:00 始業15:00 終業 
日報を書き16:30頃 帰宅
TACO Tuesday!
ホストと共にタコスを食べに
Wed10:00 始業15:00 終業 
日報を書き16:30頃 帰宅
ホストファーザーと共に
映画鑑賞
Thu10:00 始業15:00 終業 
日報を書き16:30頃 帰宅
ホストとジャグジーへ
Fri10:00 始業15:00 終業 
日報を書き16:30頃 帰宅
同僚とBARへ
週末ホストや友人と様々なところへホストと外食

プロフィール

1回生時に、BSAⅠを利用してニュージーランドに1ヶ月間滞在。初めて海外留学を経験する。その際、英語を単なる勉強から、異国の人々との会話のツールだと捉え直すことができ、英語のおもしろさに気づく。2回生時にはMassey Study Award (マッセイ スタディー アワード)に参加し、もう一度ニュージーランドへの短期留学を経験。その後、就職活動を経て、今年BSAⅢ海外インターンシップに参加し、1カ月間アメリカへ滞在。 来年度からは、キッコーマン株式会社にて勤務予定。

私の留学日程表

2009年4月 立命館大学入学→2009年5月 BSAⅠの参加準備を始める→2009年8月〜9月 BSAⅠでニュージーランドへ留学→2010年10月〜12月 Massey Study Awardの参加準備→2011年2月〜3月 BSAⅠスタディアワー(ニュージーランド)参加→2011年10月〜2012年4月 就職活動→2012年4月 BSA Ⅲ 海外インターンシップへ二次募集にて応募→2012年5月〜6月 事前講義を毎週受ける→2012年8月 サンディエゴに出発→2012年9月 日本へ帰国→2012年11月 事後講義(研修報告会)