カナダでの海外実習体験記 BSA III Vancouverで過ごした春休み

坂倉  梢さん 坂倉 梢さん 立命館大学経営学部 国際経営学科 2012年4月入学 三重県立四日市高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3 留学中の光景4

予想外の事態に見舞われるも諦めずに実現

今回のBSAⅢ・インターンシッププログラムへの参加は、私にとって非常に印象深いものとなりました。
私が立命館に入学してから留学を考えていた時、最も興味を惹かれたのがこのインターンシッププログラムでした。しかし当初はスコアも足りずまた回生制限もあったため参加は諦めていました。そんな中、2回生の夏休みに全学プログラムで始めてのカナダ留学を経験し、カナダを初めとする異文化に今まで以上に興味を持つようになりぜひもう一度訪れたいという強い思いをもって帰国した私に待っていたのが、BSAⅢの派遣先がバンクーバーに変更になったという知らせでした。あの時のBSAⅢガイダンスに出席して本当に良かったと今でも思います。
無事参加できることが決定し、事前講義に出席しながら期待を膨らませていた私たちに待っていたのはビザが期限内におりないというつらい現実でした。一時は参加を断念しようとかとも思いましたがここまで来たのだからと諦めず待ち続けた結果、予定より1週間遅れではありましたがビザが認可され、なんとか参加することができました。
予定外の事態が続き派遣当初は慌しく日々が過ぎていきましたが、5週間のインターンシップは私にとって非常に充実したものとなりました。

周りに恵まれ貴重な経験を積む

私がインターン先として受け入れていただいたのは現地のtour operatorの企業で、スタッフさんはカナダ人とカナダ在住の日本人の方がおり、職場は英語と日本語が飛び交うというなかなか経験できない貴重な環境がありました。業務内容は多岐に渡り、私はインターンながら本当にたくさんのことをやらせて頂きました。デスクワークはもちろんのこと実際に現場に行ってツアーに同行したり、会社の代表として取引先や銀行に行ったり、後半は電話対応や来客対応に加えツアーの企画・発表もさせて頂きました。丁寧に説明するだけでなく信頼して任せて頂ける部分もあり、学生の自分にもスタッフの方々はとても真摯に接して下さったと思います。

視野が広がり、今後の目標も得た留学生活

カナダと日本のビジネス環境・文化・考え方の違い、tour operatorという仕事、社会人としての常識や今後の人生設計など今回のインターンシップを通して非常に多くの知識、アドバイスを得る事ができました。英語環境下に身を置く事で自身の英語力の向上を実感できたことはもちろんですが、自身の弱点や改善していくべき課題、知識の少なさを自覚する事もでき、今後の学生生活を送る上での目標を得ることにもつながりました。何物にも変えがたい経験ができたことに加え、今まで以上に視野が広がり将来の選択肢が増えたことが私にとってカナダからの1番のお土産となりました。諦めずBSAⅢに挑戦して本当に良かったです。

海外実習(カナダ)の詳細はこちら

~留学生活が見えてくる~坂倉さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon書類整理 ファイル作成備品の買出しホストファミリーと夕食・団欒
Tueツアーガイドに同行午前に引き続きツアーに同行ホストファミリーと夕食・団欒
Wedエクセルを使ってリスト作成 ツアーに使用する備品の作成ミーティングに同席友人とディナー
Thuワードを使って書類作成 ホテルの予約をとる銀行や郵便局・他社への訪問ホストファミリーと夕食・団欒
Fri空港で団体様のお出迎え報告書の作成ホストファミリーと外食
週末ホストファミリーとブランチホストファミリーとスキー ショッピングホストファミリーの友人宅で夕食会

プロフィール

以前から海外・異文化に興味を持っており、留学を視野に入れ国際経営学科に入学。全学プログラムでカナダへの短期留学を経験したことをきっかけにカナダへの関心が強まり、同時に以前から参加を検討していたBSAⅢの派遣先がバンクーバーに変更になったことを知り、興味のある経営・英語・カナダについて全ての学習ができる機会であると挑戦することを決意した。

私の留学日程表

2012年4月 立命館大学入学→2013年8月 全学プログラム参加 カナダでの短期留学を経験→2013年9月 BSAⅢへの参加を決意→2013年12月〜1月 事前講義→2014年2月 派遣先であるカナダ・バンクーバーへ出発→2014年3月 日本へ帰国