カリフォルニア大学デービス校の留学体験記 BSA I plus 様々な人にたくさん出会うことができた1ヶ月間

加留 有也佳さん 加留 有也佳さん 立命館大学経営学部 国際経営学科 2013年4月入学 Kyoto International University Academy出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3

私がこの留学を通して一番良かったと思えることは、様々な人との出会いです。まず何よりも、一緒に派遣されたメンバーとは普段授業で関わることもほとんどなく、面接会場で初対面だった人が多かったのです。そんな彼らと寮で一緒に過ごすことで、帰国してからもキャンパスで会えば安心できるような、私にとって家族のような存在になりました。普段授業でしかお会いすることがない教授も留学に同行して下さり、良い刺激になるお話を毎日のようにしてくださいました。UC Davisの授業では、関東地方からも様々な大学の方が参加していて一緒に授業を受け、一つのプロジェクトに向かって協力し合うことができました。

私がこの留学のプログラムの中で特に興味深かった授業は、主に2つあります。1つは、Business Research Project、そしてもう1つはsite visitです。
Business Research Projectという 授業では他大学の人々と一つのリサーチテーマを決めて約2週間かけて調べ、そして最後にプレゼンテーションを行いました。調べる際には、大学内の学生や働いている人にインタビューをすることが必須とされていました。インタビューをする際には、留学生だけでなく正規の学生とも関わる機会が沢山ありました。正規の学生にインタビューをすることで、経営学を学びに来ている留学生だけではなくその他の学部を専攻している方々からも意見を聞くことができて、様々な視点からの意見を取り入れたプレゼンテーションを作ることができました。このインタビューを通して出会った正規の学生の皆さんとの出会いや、様々な違った視点からの意見を聞くことができたことも、私を大きく成長させてくれたと感じています。

そしてsite visitでは様々な企業に訪問しました。訪問した企業には、私たちが授業で学んだ戦略などを実際に行っている企業もありました。授業で学んだことを、実際に企業の方々にお話を聞くことで、より実践的な知識として身に付けることができました。また、企業で働いている方に質問する機会があり、就活に関するアドバイスを頂いたり、その企業に関して質問したり、様々な質問に答えて頂きました。

寮生活でも、台湾や韓国、中東系の国の方々と話す機会がたくさんありました。私は異文化について学ぶことが好きなので、彼らの国の話や文化について毎日聞くことができて、すごく有意義な時間でした。寮には広いロビーやプールがあり、そこに集まってくる人々とは自然に仲良くなれることが多かったです。UC Davisの寮には交流の場が沢山ありました。
この留学に参加して、様々な人に出会い、本当に成長することができたと感じています。夏休みだけの1ヶ月間のプログラムですし、1年間留学と比べると参加しやすいと思います。もし悩んでいる方がいれば、ぜひ参加してみてください。そして1ヶ月間という短い期間だからこそ、自分を奮い立たせて、より多くの素敵な経験をしてきてください。

カリフォルニア大学デービス校の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜加留さんが過ごしたある1週間
 午前午後
MonHot Topics in global business Case studies Business Research Project-課題をしたり、寮で友達と話したり
TueHot Topics in global business Business Communication Business Research Project-学校外に友人とご飯に出かけたり
WedHot Topics in global business Case studies Business Research Project8/13 site visit 8/20 site visit-
ThuHot Topics in global business Business Communication Business Research Project8/28 site visit-
FriHot Topics in global business Case studies Business Research Project--
週末サンフランシスコ・ロサンジェルスへの旅行、ショッピングなど 自転車でDavisを探検

プロフィール

中学生時代を上海で過ごした経験から、海外での活動に興味を持つようになる。高校時代には言語の学習に力を入れ、英語とフランス語を専攻、3年生の時に約1ヶ月フランスでホームステイを行う。企業の経営戦略の仕組みとマーケティングに興味があったため、経営学部に進学する。大学では主に実践的な英語の学習を意識し、現地企業の経営について英語で実際に学ぶことができるBSA1Plusに参加することを決心した。帰国後はさらなる語学力の向上と、国際企業の成功要因についての研究を行っている。

私の留学日程表

2012年4月 立命館大学入学→2014年4月 BSAプログラム説明会で今年度からの新しいプログラムBSA1Plusについて知り、プログラムへの参加を決心→2014年7月 ビザガイダンス、事前講義、交流会、留学への準備を行う→2014年8月 BSAT派遣先 カリフォルニア大学デービス校に出発→2014年9月 日本へ帰国→2014年10月 事後講義を受講