大連外国語大学の留学体験記 BSA II 留学生活を通して得たもの

村井 彩佳さん 村井 彩佳さん 立命館大学経営学部 経営学科 2012年4月入学 立命館守山高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3

 私がBSAⅡ大連外国語大学での留学生活を通して得たもの、それは語学力と様々な人たちとの出会いです。語学力の向上は留学を通して一番目に見えた成果だったと思います。語学力の向上を大きく手助けしてくれたのはやはり毎日の授業でした。ネイティブの先生たちとそれぞれ母国語が違うクラスメイトたち、このような学習環境は日本にはありません。もちろん日本語は通じませんから、必然的に中国語を使わなければならない状況に迫られます。また、授業はリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングと科目別に分けられているため、偏ることなくそれぞれの能力を高めることができました。加えて、私のクラスには毎日日記を書くという課題があり、これも語彙力のアップに効果的だったと思います。そして、私が語学力の面で最も意識していたのは実用的な中国語を身につけることでした。この点に関しては、授業以外の時間をかなり活用しました。日本での中国語学習は読み書きが多かったため、現地では実際に使える中国語を身につけようと、主にリスニングとスピーキングのレベルアップを図ることを重視しました。具体的に私が実践したことは、朝から学生寮のテレビでニュースや天気予報を見る、授業後は中国人学生と交流をする、空いた時間は中国の映画やドラマを見る、できるだけ外に出かけて中国語に触れる機会を作るなどです。これらの成果が表れたのは留学生活の後半でしたが、目標であったHSKのスコアもクリアできましたし、中国人とのコミュニケーションも円滑に進むようになりました。

 もう一方では、様々な人との出会いも留学生活における貴重な財産となりました。学内での中国人学生との交流は中国語のレベルアップに繋がっただけでなく、中国の文化にたくさん触れることができたと思います。中国文化に触れることで、中国を様々な角度から知ることができました。中国人学生たちとの交流を通して最も印象的だったのは彼らの語学力の高さと勉強に対する熱意です。日本語専攻の現地学生たちは日本人を見つけると積極的に日本語で話しかけてきます。彼らの学んだものを活かそう、間違いを恐れず話そう、とする姿勢には私も圧倒されました。語学習得には彼らのような積極性が欠かせないのだということに気付かされました。また、他国からの留学生たちとの出会いも私にとって刺激的なものでした。年齢も国籍も様々、各々の価値観も違う、そんな彼らから最も強く感じることができたのはハングリー精神です。強いハングリー精神を持つ彼らは本当にエネルギーに満ち溢れています。お金もモノも自由も溢れかえるように存在する日本で、敷かれたレールの上を走ってきたような私が彼らから見習うべきものは幾つもありました。恵まれた環境に甘えて溺れるのではなく、その環境を活かして更に向上していかなければならないということを強く感じました。

 BSAⅡでの留学生活を通して得たものはかなり大きく、ここには書ききれないたくさんのことを感じ、考えさせられました。中国留学は私にとって本当に貴重な経験となったと思います。海外留学に少しでも興味がある方がおられましたら、迷わず行くことをお勧めします。

大連外国語学院の詳細はこちら

~留学生活が見えてくる~村井さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon精読(必修科目)閲読(必修科目)語法(選択科目)中国人学生と相互学習
Tue精読(必修科目)聴力(必修科目)自習他国の留学生と交流
Wed精読(必修科目)口語(必修科目)自習他国の留学生と交流
Thu精読(必修科目)閲読(必修科目)語法(選択科目)中国人学生と相互学習
Fri精読(必修科目)口語(必修科目)自習他国の留学生と交流
週末ルームメイトと掃除市内観光他大学の学生たちと交流

プロフィール

高校時代に第二言語選択として中国語を履修。大学でも、引き続き中国語を学ぶために中国語コースを選択。 大学1回生の夏季休暇を利用してBSAⅠ中国コースのプログラムに参加し、蘇州大学に短期留学。そのことがきっかけとなり、中国への長期留学を決意する。大学3回生の後期から大連外国語大学へ留学。 帰国後は、立命館孔子学院で開かれている中国語講座などに参加して中国語を継続的に学習する予定。

私の留学日程表

2012年4月 立命館大学・経営学部経営学科へ入学→2012年8月 BSAⅠの中国コースに参加→2013年4月 BSAⅡ中国コースへの参加準備を開始→2013年10月 BSAⅡ大連外国語大学への留学選考→2014年1月 BSAⅡ大連外国語大学への留学が決定→2014年4月 ビザ取得等の留学準備を開始→2014年8月 中国・大連外国語大学へ出発→2015年1月 BSAⅡプログラム終了→2015年3月 大学を休学し、中国で引き続き留学生活を送る