対外経済貿易大学の留学体験記 BSA IV 出会いと経験の中国留学

右田 佳香さん 右田 佳香さん 立命館大学経営学部 経営学科 2012年4月入学 愛知県立松蔭高校出身 留学中の光景1 留学中の光景2 留学中の光景3

 私がBSAWの1年半の中国留学の経験で得たものとして、海外留学を考えている人々に伝えたいのは出会いと経験です。
 留学に行く時、皆さんはどのようにして行き先を決めるでしょうか。多くの人は自分の行きたい国、社会に出てからも役立つ英語力を得られる英語圏の国を選ぶでしょう。そう考えると私の渡航理由は少し変わっていたと思います。理由は中国が大嫌いだったからというものです。お互いに相手の悪い報道が世間に広がっている現在、日中の国際関係は政治や経済や歴史認識などの複雑な要因のせいで悪化しつつあります。私もその影響を受け、中国に対し悪い印象をもつ一人でした。でもある時ふと私は中国について何を知っているのだろう?と疑問をもち、だんだんと中国を知りたい、中国語で中国人と話をしてみたいと思うようになりました。

 とはいいつつも中国語の学習はとても難しい。はじめは英語と同じ文法の感覚であるし、簡体字も日本の漢字とだいたい同じなので簡単だと思っていました。しかし学習の水準があがるにつれ、文法も言葉の難易度も増してきて混乱することもありました。発音も難しく、日常でも初めの頃は発音が悪くて中国人に話していることが伝わらないこともありました。このままでは当初の目的が達成できない。悔しくて、はじめの半年は寮の近くのカフェで授業のあとに自習をして、中国人の友人に発音のレッスンをしてもらうという毎日を過ごしていました。おかげで留学当初は初心者レベルだった私の中国語は一気に飛躍しました。そして言語という壁に感じていた圧力がふっと和らぎ、積極的に外に出てみようと思えるようになりました。

 留学中の出会いは様々です。もちろん外国、しかも中国の首都という環境なので中国人はもとよりその他の国籍の外国人や現地の日本人ともたくさん交流することができました。日本での報道や渡航前の情報とは違い、北京では多くの中国人は私が日本人ということを気にせずに、むしろ好感をもって迎え入れてくれました。時には彼らのふるまいに日本人以上の思いやりやおもてなしを感じ、日本人以上に熱意をもって仕事や勉強に取り組む彼らに尊敬の念を抱きました。また現地の日本人は学生も社会人もグローバルな視野もって日中の在り方を考えており、活力にあふれていました。しかし、その出会いが常に幸せなものかといえばそうでもありません。時には日本人が嫌いな中国人に悪口を言われてやるせない気持ちになり、時には中国人を見下したような言動をとる日本人を見て悲しい気持ちになったりもしました。でもそれらの良い出会いも嫌な体験も経験として、私の成長につながっていると確信しています。

 では留学後、この経験をどう活かすのか。私が今考えているのは、中国留学をする学生が減少しつつある中で次の留学生へつなげていくこと、そして将来中国へビジネスや日中の交流でもう一度中国とつながることです。悪化しつつある関係だからこそ、ビジネスでも政治でも民間でもお互いの歩みよりを止めてはいけない、そのような危機感を持ち続ける人が少しでも増えるような活動に参加していきたいと思っています。
 そして多くの機会と成長を与えてくれた北京に最高の感謝を。ありがとう!

対外経済貿易大学の詳細はこちら

〜留学生活が見えてくる〜右田さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon高級ビジネス中国語中国経済講義自習
Tue-自習新HSK6級対策講座
Wed-中国の対外貿易の実務中国の対外貿易法律
Thu経済新聞閲読中国の外資管理新HSK6級対策講座
Fri-中国対外投資概論友達と遊ぶ
週末掃除/自習トランペットの練習バンドのメンバーや友人と食事

プロフィール

幼少期から高校卒業まで、国際関係や語学に関する興味はほとんど意識することなく過ごす。大学で経営学を学びたいと思い、立命館大学の経営学部に入学。その際に2言語コースを選択し、英語と初修中国語を学ぶ。 1回生の夏に興味本位でBSATの中国・蘇州大学への短期留学プログラムに参加。その経験を経て中国への長期留学を決意し渡航、そして1年半の留学を終えて現在に至る。 なお、留学前は中国に対する印象はかなり悪く、渡航時の語学レベルは初心者レベル。留学中に中国の人や文化や国を理解するにつれて印象は改善、中国語のレベルも帰国前には新HSK6級を取得するまでに至る。帰国後は中国語の継続的な勉強を続けつつ、就職活動の準備やインターンシップに励む。

私の留学日程表

2013年4月 立命館大学・経営学部経営学科へ入学→2013年8月 BSATで中国・蘇州への短期留学プログラムに参加→2013年10月 BSAWプログラムへの参加準備を始める→2013年11月 対外経済貿易大学へ留学の選考→2014年1月〜2月 健康診断の受診、ビザの取得等の留学準備→2014年2月末 中国・対外経済貿大学へ出発→2015年8月 帰国。その後、就職活動へ向けての準備とインターンシップに励む。