蘇州大学の留学体験記 BSA I 近いようで遠い国

福本  慶さん 福本 慶さん 立命館大学経営学部 経営学科 2014年4月入学 大阪教育大学附属高校 平野校舎出身 留学中の光景1 留学中の光景2

 中国に実際に短期留学をしてみるまで、私の中での中国のイメージはまさしく、距離的には近くても心理的に遠い国でした。
 中国にはあまりいいイメージももっていなかったし、行きたいとも20年間の中で思ったことはありませんでした。おそらく大学入学前の自分、または世間一般の大学生だと私と同じ感想を持っているかもしれません。
 私は大学入学以前まで、留学はおろか海外にも行ったこともありませんでした。大学入学後には英語を話せるようになりたい、海外に行きたいと思い、アメリカやドイツなど積極的に海外にいくようになりました。中国との接点は、カナダに長期留学した際にチャイニーズカナディアンと友人になり、留学中に関わることが多かったことから始まりました。

 私達のイメージでは、中国を一括りにし考えがちですが、私の友人の上海、香港、北京、台湾それぞれの出身者は中国人と一括りにされることに抵抗があり、各地それぞれのプライドというものがありました。そういった自分の知らない部分は私の中国への興味を掻き立てるものでした。
 友人達から中国語の日常会話などを教えてもらう中で、本格的に中国語を勉強したいと思い、帰国後中国語の勉強を開始しました。また帰国後すぐにBSAⅣプログラム(長期留学)にも応募・合格し、本格的に来年には中国に留学というタイミングでこのBSAⅠ中国コースの募集があり、長期留学の準備として参加を決意しました。

 いざ中国に留学してみて感じたのは、自分の中にある中国との距離でした。日系企業の多さと、異常な発展スピード、さすがGDP2位の大国であると感じました。中国が世界の工場から世界の市場へと着実に変化している姿を目の当たりにした留学でした。今後中国の市場が更に拡大するなかで、進出する日系の企業も更に増すことでしょう。

 蘇州大学でのプログラムは午前中に中国語の授業、午後から中国の経済の授業や文化体験などが主でした。中国語の授業では、我々の半分以上が中国語初心者であったため、基礎の基礎から進んでいき初心者には非常に優しい授業でした。しかし、全て中国語で授業を行い中国語で質問をされるという形式なので、しっかり勉強をしないと途中でついていけなくなります。中国語に興味あるけど機会が無いという方や、実際に中国語で授業を受けたいという人にはぴったりなプログラムではないでしょうか。
 また、上海での2泊3日の研修では様々な日系企業に企業訪問を行うことができました。授業等でマクロな中国経済について学ぶことができ、企業訪問ではミクロな中国経済について知る事ができたと感じています。実際に中国で働いておられる日本人から聞くお話はとてもためになる内容ばかりで、海外で働いてみたいと考えている3回生などにはもってこいかもしれません。

 私も、将来は国際的な場面で働いてみたいと考えており、このBSAⅠ中国コースでは企業訪問などを通して海外で働くとはどういうことか、また中国で仕事をするとはどういうことなのか実感でき、自分が海外で働くというイメージが少なからず構築されたと思います。このプログラムで私は中国語、中国経済の学習、または中国での企業訪問を通じ、中国を深く知る事ができただけでなく、中国語に対する更なる興味、長期留学への準備、海外で働くということを実際にイメージすることができ非常に有意義な留学であったと感じます。私はこのBSAⅠ中国コースを海外に行った事がない人、もしくは進路について迷っている人に非常におすすめしたいです。

蘇州大学の詳細はこちら

~留学生活が見えてくる~福本さんが過ごしたある1週間
 午前午後
Mon中国語の授業中国経済-
Tue中国語の授業文化体験等-
Wed中国語の授業中国経済-
Thu中国語の授業中国語経済-
Fri中国語の授業学生交流(スポーツ大会等)-
週末観光、ショッピング

プロフィール

大学入学まで海外経験は無く、英語等の外国語も中学では苦手であった。 高校在学時に教師の影響から英語、海外に興味を持ち始める。その後、大学では長期の留学を行いたいと感じ、BSAⅠアメリカコースに応募し短期留学を行い、他言語を話す事や異文化間のコミュニケーションの楽しさに目覚める。 帰国後にTOEFLテストを受験し、長期留学を目指し、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)の留学に応募、合格する。留学中に、日本語を教えるボランティアをしている時に中国人と友人になり、中国語に初めて興味持つ。帰国後、英語の勉強を続ける傍ら中国語の勉強を始める。 その頃にBSAⅣの応募が開始され、中国語の勉強機会がないまま応募し、合格する。中国への長期留学前に1ヶ月間のBSAⅠ中国コースへの応募を決心する。 帰国後は、HSK4級を取得し、長期留学への準備として孔子学院の中国語講座の受講とHSK5級の対策を積極的に行っている。

私の留学日程表

2014年4月 立命館大学経営学部経営学科へ入学→2014年8月 BSAⅠアメリカコースへ応募・留学→2015年9月 全学募集プログラムでカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)へ留学(〜2016年4月)→2016年6月 BSAⅣプログラム(中国)へ応募・面接→2016年6月 BSAⅠ中国コースへ応募・面接→2016年8月 BSAⅠ中国コースへの留学→2016年9月 孔子学院の授業を積極的に受講、HSK4級を取得後、留学に向け準備中