BSA II の留学生活報告ドイツ・アーヘン応用科学大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 原田 笑伽さん
原田 笑伽さん
2018年3月より、ドイツ・アーヘン応用科学大学でのプログラムに参加
BSA IIドイツ

(step1.到着しました。)本授業が始まるまでの1ヶ月

【2018年4月3日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  ドイツに来てから約1ヶ月が経とうとしています。私はドイツ語を話せないので、ドイツに来て最初に大変だったことは住民登録や大学の手続き、保険の証明などでした。でも親切なバディに手伝ってもらって、同じバディを持つ留学生とも仲良くなりました。そして、来てからすぐにドイツ語の短期集中型の授業が始まり、約2週間、毎日270分のドイツ語漬けの生活が始まりました。ドイツ語既習者も多い中で初心者の私がついていくのはかなり大変でしたが、この授業に参加しているのが留学生だけなので一緒に過ごす時間も長く、質問しあったり休憩時間に話したりすることで、セメスターが始まる前に友達ができるとてもいい機会になりました。
 授業内だけでなく授業の後に一緒にご飯を食べに行ったり、週末には交通費が一部無料になるセメスターチケットを使ってドイツ国内で観光に出かけたりもしました。私が行ったのは電車で約40分の所にあるケルンという都市で、有名なゴシック様式のケルン大聖堂を見学したり、ドイツはチョコレートが有名なのでチョコレート工場に行ったり、ドイツ料理のお店に行ってみたりしました。日々の生活では、同じ寮の友達と一緒にご飯を作って食べたり、お互いの国の料理を作りあったりしています。
 4月からは本格的に授業が始まり、課外活動に参加できる機会も増えるので積極的に行動し、充実した留学生活を送れるように努力したいと思います。