BSA II の留学生活報告フランス・ストラスブール大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 小糸 つぐみさん
小糸 つぐみさん
2018年9月より、フランス・ストラスブール大学でのプログラムに参加
BSA IIフランス

(step1.到着しました。)ゆったり生活 in Strasbourg

【2018年9月24日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  今回のBSAⅡでのEM Strasbourg Business Schoolへの留学が始まってから、早くも1ヶ月が経とうとしています。私にとってこの留学は1セメスターといえど初めての長期留学であり、かつ大学に入ってから学び始めた片言のフランス語だけで初めてフランスに滞在するということもあり、心配要素ばかりでした。家族や友達との別れよりも目的地までたどり着けるのかが何よりも心配だったくらいです。
 この1ヶ月間はとにかく慣れることに徹し、フランス人のルームメイトとのコミュニケーションに悪戦苦闘しながらも一緒にご飯を食べたりお喋りしたり、フランス語を教えてもらったりしていました。フランス最高と思う瞬間はチーズと生ハムとワインが日本と比べて圧倒的に安く、種類も多いことです。(私は3つとも大好きです)
 ストラスブールはとても過ごしやすく安全で、住んでいる人も国際色豊かです。市内へ歩いて行くとノートルダム大聖堂を無料で拝むことができますし、コーヒーとエクレアを食べたりしながら、のんびり過ごすことができます。
 心残りとしては時間があったのにゆったりし過ぎた結果、旅行に行くことができたのが近場のドイツとコルマールという町だけであることです。コルマールはかの「ハウルの動く城」や「美女と野獣」のモチーフとなったとされる街でどこもかしこも絵本の中のような風景で素敵でした。授業が始まってからは週末や長期休暇を活用してヨーロッパ周辺を旅していきたいと思います。
 学業に関してですが、まだ授業が完全には始まっていないので何とも言えませんが、一科目だけ授業を受けたあと、海外の大学が「入るのは簡単だが出るのは大変」と言われる理由が分かった気がしました。先生はフランス語なまりの英語で話しますが、生徒は世界中からきているのでそれを聞き取るのも至難の業ですし、学生がみんなとても積極的です。気づけばあと3ヶ月になってしまいましたが、この中で埋もれずに気を引き締めて学んでいきたいと思います。
 約1ヶ月過ごして思ったことは「美味しい、綺麗、安全、でもフランス語がわからない!」この4つにつきます!これからの3ヶ月で4つ目が英語と共に向上していくことを自分自身に期待し、励んでいこうと思います。