BSA IV の留学生活報告フランス・ストラスブール大学での留学生活報告

経営学科 3回生 中村 香穂さん
中村 香穂さん
2018年9月より、フランス・ストラスブール大学でのプログラムに参加
BSA IVフランス

(step1.到着しました。)フランス流挨拶にも慣れてきました!

【2018年9月23日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3留学先の風景1-4  Bonjour! 経営学部3回生の中村香穂です。現在、私はフランスとドイツの国境近くにあるストラスブールという街で生活をしています。もうそろそろ1ヶ月が経つということで、こちらの生活にも、こちらのフランス流挨拶(Bise:頬と頬をくっつける挨拶です。日本では考えられませんよね)にも段々慣れてきました。
 ストラスブールが素敵な街であることは渡航する前から聞いていましたが、実際来てみると想像以上に小さくて綺麗で安全な街でした。私は渡航する前に行われた寮の抽選に落ちてしまい、どうなることかと思っていたのですが、渡航1週間前に部屋が空いたという連絡が来て、無事大学の寮に入れることになりました。寮には様々な国から来た留学生が住んでおり、共有キッチンに行くと少し話しかけてくれたりします。今のところ自炊をしていないので、そろそろ自炊をして寮に仲の良い友達を作りたいと思います。
 肝心の授業ですが、明日から本格的に始まるため、それまでとてものんびりと過ごしていました。「ハウルの動く城」や「美女と野獣」の舞台となったアルザスの村であるコルマールへ行ったり、大学主催のパーティーに参加したり、友達の誕生日パーティーへ行ったりと、この大学は本当にイベントが多いです。毎週のように様々なイベントが行われるため、色々な国から来た色々な学部の留学生に出会うことができます。留学生たちの言語能力はとても高く、英語もギリギリでやってきた私はまだまだ苦戦していますが、わからないと素直に伝えると、簡単な単語に置き換えて、ゆっくり話してくれたりする優しい人達のおかげで楽しく会話ができています。
 フランス人は冷たいなどの噂を日本で聞いたことがありましたが、そんな噂はでっちあげだと、私が証明します。駅からの道がわからずに、困っていた時、困っていることはない?と尋ねて目的地までわざわざ送ってくれたお兄さん、駅で切符が通らなかったら自分の切符で通してくれたおじいちゃん。フランス人の方々は本当に優しいです。
 明日から授業が始まるので、気合いを入れ直して頑張りたいと思います。あと、チーズとハムとワインが美味しくて安いので、食べ過ぎないようにすることも目標です。Salut!!