BSA II の留学生活報告ドイツ・アーヘン応用科学大学での留学生活報告

国際経営学科 4回生 片山 咲子さん
片山 咲子さん
2018年9月より、アーヘン応用科学大学でのプログラムに参加
BSA IIドイツ

(step1.到着しました。)沢山の異文化に触れて

【2018年10月10日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  留学生活を始めてから約1ヶ月が経ちました。日本はまだまだ暑いようですが、アーヘンはとても寒くて既に日本の冬用ダウンを着用しています。
 アーヘンは学生が多くグローバルな環境で、英語・ドイツ語の双方を学ぶには大変良いところです。また街自体はのんびりした空気が流れていて、とても安全な街だと感じています。
 つい最近まで、大学が本セメスターの前に提供してくれているドイツ語のインテンシブコースを受けていました。クラスメイトはイギリス・韓国・台湾・モロッコ・スペイン・ルーマニア・中国・フランス・アルジェリア・ポーランドなどヨーロッパからだけではなく色々な国から来ており、とても国際的です。
 授業ではお互いの文化や言語を教えあうなど、ドイツ語だけではなく沢山の異文化も学ぶことができていました。またプライベートにおいても様々な国から来ている留学生たちと一緒にいるため、お互いの国の料理を作り合ったり、政治や歴史について語り合ったりして、日々新しいカルチャーに触れることが出来ています。政治や歴史の話などはとてもナイーブなトピックなので、留学先で仲良くなったメンバーだからこそ話すことが出来、新しいことを学べていると実感しています。
 残りの留学生活は4ヶ月あまりですが、たくさんの異文化と触れて新たなことを学んで行きたいと思います。