BSA IV の留学生活報告中国・対外経済貿易大学での留学生活報告

国際経営学科 中国語コース 2回生 三井 絵梨香さん
三井  絵梨香さん
2012年9月より、中国・対外経済貿易大学でのプログラムに参加
BSA IV中国

(step1.到着しました。)留学生活開始!

【2012年10月5日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3 留学生活がスタートしました。
中国では日々新しいことを吸収して楽しく過ごしています。
私はビジネスクラスに所属していて、周りのクラスメイトは全員中国語が話せるため、私に優しく教えてくれます。私もみんな以上に勉強してより素敵な留学生活にしたいと思っています。
私の部屋は4人部屋で、ルームメイトの3人はミャンマー人です。日本のことが詳しく素敵な方です。中国に来てから日本の良さをよりアピールできるようになりたいなと思うようになりました。
まだまだ私の語学力では難しいですが、少しずつ日本って素敵な国だね、是非行ってみたいなと言ってもらえるようになりたいです。

(step2.もう半ばです。)折り返し地点

【2013年2月21日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6 留学生活も折り返し地点まできました。と言っても私の大学はクリスマスシーズンのお休みがあるため実質はまだ3ヶ月しか勉強していません。これからの半年間が内容の濃い学期になると思います。
前学期はさまざまな国の友達が中国語のつたない私をフォローしてくれて、日々本当に楽しくて素敵な時間を過ごすことが出来ました。授業内容はビジネス中国語だったので決して簡単ではありませんでしたが、日本では学べないようなことをたくさん習得できました。例えば外国から見た世界と日本からみた世界では違う点がたくさんあるところです。他の国の友達ができたからこそより日本の良さも理解することが出来ました。次学期はその友達がほとんど帰国してしまったので、また新しい仲間をたくさんつくりたいなと思っています。それに前学期は中国人の友達をほとんど作ることが出来なかったので今学期は中国人の友達もたくさん作りたいなと思っています。
他にもインターンシップや企業説明など積極的に参加したいなとも考えています。日本にいない分、日本の情報は入ってきませんが中国でしかできないことたくさんあると思うので、色々なことに挑戦して行きたいと思います。
日本に一時帰国してより感じたことは、私の留学生活は自分だけではなくたくさんの人に支えられているのだということです。そのことを忘れずに楽しみたいと思います。

(step3.もうすぐ帰国。)光陰矢の如し(留学生活残りわずか)

【2013年6月25日報告】

留学先の風景7留学先の風景8留学先の風景9 留学生活が始まってから毎日がとても楽しくて、時間が経つのは早く残りわずかになりました。授業は難しかったですが、身に付くことが多かったです。何より私の周りのクラスメイトは向上心が高く私の何倍も中国語を話すことができたため、たくさんのことを教えてもらいました。
授業以外にも中国人の友達や現地の人、日本人の働いている方と知り合う機会も多く、日本では得られないことをたくさん得ることができました。
中国に来て、来る前よりももっと中国が好きになりました。中国人の友達や先生も本当に親切にして下さいました。例えば私の中国人の友達は、私が中国の民族衣装を着てみたいなと小言で言っていたみたいで(私はあんまり覚えていないのですが)友達に借りてくれて、故宮で写真を撮りに行こうと言ってくれて一緒に撮りについてきてくれました。もし逆の立場なら私はここまで親切にできるかなって少し思いました。その分、日本に帰ったら外国人に恩返しします。
日本のメディアで日中関係の悪さについての報道が多いみたいで、未だに日本にいる人達に、中国危ないでしょ、大丈夫?と聞かれることがたくさんあります。しかし私は声を大にして伝えたいです。もちろん日本についてよく思ってない人もいると思います。しかしそれは13億人以上いる中国では当たり前のことだと思います。タクシーの運転手さんも政府の問題だから関係ないよといつも優しく言ってくれます。中国を知らずに嫌い、怖いと言う考えだけは辞めてほしいなと思います。
私は自分が考えていた以上に中国の魅力を感じることができました。最初に来たときに先輩から留学は4つのステップが来ると教えてもらっていました。最初は右も左も分からなくてホームシックになり、第2ステップで慣れてきて留学生活が楽しくなり、第3ステップで飽きが来て、最後に楽しくなるという4つのステップだそうです。しかし私の場合最初から立命館大学の友達が留学に来ていたため寂しいこともなく、その友達のおかげでバスケのクラブも教えてもらい飽きることもなく楽しいことしかない留学生活でした。
そして中国に来ることで日本の素晴らしさも改めて実感することができました。これは留学に来ないと絶対分からないことだなと思います。日本の礼儀やサービスは世界で一番だと思います。日本は私の誇れる国です。だから日本に帰ったらもっと日本の良さについて外国人にアピールしていきたいと思っています。
中国に来てたくさんの人に出会いたくさんの人に可愛がってもらいお世話になりました。言葉では表せないほど感謝しています。
このプログラムを作って下さって送り出して下さった立命館大学のみなさま、中国でお世話になった友達、先輩、先生、いつも私の味方で応援してくれた家族のみんなに、恩返しができるように帰ってから留学が活かせるように頑張ります。
留学生活を楽しんだ自信はすごくあります。誰にも負けないぐらい楽しみました。
本当に北京が大好きです。只能用一個詞説就是"太棒了"。