BSA IV の留学生活報告イギリス・レディング大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 服部 未来さん
服部  未来さん
2014年8月より、イギリス・レディング大学でのプログラムに参加
BSA IVイギリス

(step1.到着しました。)留学生活スタート!

【2014年8月24日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3 ついに念願だったイギリス留学がスタートしました。留学がスタートしてはや、1ヶ月、特にトラブルも無く生活しています。最初は日本と異なることばかりで戸惑うことも多かったのですが、人に恵まれ、毎日楽しく過ごしています。食事面においても、留学前にイギリスのご飯はおいしくないと聞いていたため不安でしたが、実際まずいと思う料理には今のところあたっていません。
寮はアジア系、特に中国人が多く英語もよりもむしろ中国語が多く飛び交っていますが話しかけるとみんな気さくな人ばかりです。中華料理を作ってくれたり、一緒に買い物に出かけたりなど非常に楽しい時間を過ごしています。
授業は現在、IFLPと呼べれるコースで学習しています。6人という少人数の中でいろいろな議題について意見交換を行うなどAcademic Englishのスキルを伸ばすための授業を受けています。
自分の英語力の低さに度々打ちのめされそうになりますが、一緒に授業を受けている人たちからいい刺激を受けながら毎日充実した毎日を送っています。

(step2.もう半ばです。)早くも4ヶ月

【2014年12月4日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6 レディング大学に留学して早くも4ヶ月経ちました。 こちらの生活にも大方慣れ始め、最初のころはなかなか自分の言いたい事も相手の言っていることもよく分らずにもどかしさを感じていましたが、最近では友達とお互いの国の文化や家族のことなどを話すなど会話することを楽しんでいます。
レディングという街はとても住みやすいところだと思います。バスが時間通りになかなか来ないという面では交通の不便を時々感じますが、それ以外では治安もよく、人も良いところです。最近ではクリスマスも近いため、イルミネーションが非常に綺麗です。
学習の面においては授業になかなかついていけず、自分の英語力の低さに何度も悔しい思いをしましたが、最近では要領をつかんで少しずつ授業の中でも自分の意見を出していくことができるようになってきました。現在は来週のテストに向けて友達と図書館に行ったりして勉強をしています。私生活のほうでは、週末は観光に出かけたり、友達と一緒に課題に取り組んだりして有意義な時間を過ごしています。観光に行くたびに日本のサービスの良さを身にしみて感じています。大学の友達にも日本が好きだという人が多く、留学を通して日本人で良かったなと感じることが多くなってきました。
残りの4ヶ月、今の環境でしかできないことを常に考え、思い立ったらすぐに行動できるような行動力をもっと培えるといいな、と感じています。帰国する時期に後悔ではなく新たな次の目標ができるように残りの留学生活を思う存分楽しみます。

(step3.もうすぐ帰国。)あっという間の留学生活

【2015年3月12日報告】

留学先の風景7留学先の風景8留学先の風景9 あと数週間でレディングでの留学生活が終わります。約8ヶ月の留学生活は長いようで本当にあっという間に過ぎていきました。当初は慣れない土地であったり、コミュニケーションがうまく取れなかったりと何度も悔しい思いをしましたが、最終的には授業のディスカッションに積極的に参加し、伝えたいことを相手に伝えることができるようになりました。今でも、英語力に関しては満足できていないところも多くありますが、今回の留学生活では、語学力だけでなく、自信はつくられるものではなく自分でつくっていかなければならないということ、またそのためにどのように行動を起こしていくかが大切であるということを学ぶことができました。
このように自分の考えを見直すきっかけとなったのも今回の留学プログラムによるものであったと感じています。IFPのコースでは、色々な国からの学生が参加しているため、さまざまな視点から物事をとらえなければならない機会がたくさんありました。今まで深く考えなかったような話題が相手にとっては重要なことであったり、これまで持っていた固定観念がことごとく覆されました。その度に今までの考えを見直すことができたため、結果として非常に良い機会に恵まれたと感じています。
今回の留学生活で感じた自分の足りない部分やもっと伸ばしていきたいところを帰国後もモチベーションを保って取り組んでいこうと思います。