BSA IV の留学生活報告ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 今井 拓実さん
今井  拓実さん
2016年9月より、ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学でのプログラムに参加
BSA IVドイツ

(step1.到着しました。)初めての長期留学

【2016年10月14日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景4  ブレーメンに到着してもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。ブレーメンに到着した頃はまだ暖かかったですが、10月に入り、気温がぐっと下がりました。これからもっと寒くなると思うとぞっとします。
 そして、ブレーメンでの生活は日本での生活とは大きく異なっています。まず、僕は今まで一人暮らしを経験したことがありませんでした。そのため、全てのことを自分でしなければならないということの大変さを感じるとともに両親や家族のありがたみを感じています。
 また、ドイツでは日本のように何でも時間通りに行うことができません。電車が遅れるのは普通のことで、ドイツ人はそのことに何も文句を言いません。そのため、日本での生活を当たり前だと思わないようにしなければなりません。
 僕がブレーメンに来て一番感じたことは、ドイツ人の自主性です。授業では、ほとんどの生徒が発言し、教授の方々もその発言に対して的確に答えています。日本ではこのような参加型の授業をあまり受講していなかったので、とても衝撃を受けました。僕は、あまり積極的な性格ではないので、この機会に自分を少しでも変えたいと思います。そして、これから学校の授業が本格的に始まるので、ドイツ語を含め勉強に力を入れていきたいです。

(step2.もう半ばです。)留学を半分終えて。

【2017年3月4日報告】

留学先の風景5留学先の風景6留学先の風景7  ブレーメンでの留学生活が始まり、早くも5ヶ月が過ぎようとしています。厳しかった冬をようやく乗り越え、ブレーメンも徐々に暖かくなり始めました。大学での授業も1セメスターが終了し、春休みに入っています。私はこの1セメスターを通して、学業面だけでなく様々な部分で成長することができたと感じています。
 まず、講義に対する態度が向上しました。なぜなら、講義が英語で行われるため、講義についていくためには予習復習が必要だからです。日本語なら容易に理解できる内容でも英語だと説明できないということがあるので、自分なりに英語に解釈してみたり、参考書を読んでみたりして理解を深めました。
 また、ブレーメンに来てから、積極的に人とコミュニケーションをとるようになりました。日本にいる間、私は自分から話しかけたり、意見を言ったりするのが苦手でした。まして、ドイツでは自分の英語やドイツ語が伝わるかどうか不安だったので、消極的になってしまうのではないかと思っていました。しかし、ドイツ人や他の留学生はとてもフレンドリーなので、私のつたない英語やドイツ語でもきちんと聞いてくれます。だから、気軽に質問したり、話しかけたりすることができるようになりました。特に、仲良くなった留学生とは、ご飯を食べに行ったり、旅行に行ったりしてとても充実した時間を過ごすことができました。旅行先でもご縁に恵まれ、様々な人と話すことができました。
 さらに、今回の留学の中で、スケジュール管理を徹底するようになりました。授業やテストに向けての時間管理はもちろん、旅行のプランを立てたり、日々の生活をきちんと管理できたりするようになったと感じています。また、日本での生活がどれだけ便利で恵まれていたかを実感しています。まだまだ、自分の改善点は多くあるので、残りの5ヶ月を悔いの残らないよう、1日1日大切に過ごしていきたいです。