BSA IV の留学生活報告ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 上續 彩乃さん
上續  彩乃さん
2017年9月より、ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学でのプログラムに参加
BSA IVドイツ

(step1.到着しました。)ブレーメンでの生活が始まりました

【2017年10月16日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  ドイツに到着して3週間が経ちました。先週から本格的に授業が始まり、やっと留学生活らしくなってきたところです。私はシェアハウスで生活しており、メンバーは韓国、メキシコ、ポーランド、アフリカ、ドイツといったように、本当に国際色豊かです。平日は授業が夜まであるので彼らと会えない日もありますが、休日には一緒に出かけたり、時には友人を招いてパーティーを開いたり。とても恵まれた環境で暮らしています。
 また、私の通っている大学は留学生を積極的に受け入れているので、学校側のサポートも充実しており、安心して留学生活を送ることができています。こちらの大学では日本語の授業が開講されており、日本人留学生が授業のお手伝いをするほか、タンデムという時間でドイツ人学生とお互いの言語を教え合う機会もあり、ドイツ語と経営学の両方を学びたい学生にはぴったりの環境です。
 ドイツに限らずヨーロッパへ行くとなると、「テロが心配」といった悪いイメージがあるかもしれませんが、この3週間でそのような心配をしたことはまだありません。私の家の周りでも、中心街へショッピングに行っても、大学内でも、移民の方はもちろんよく見かけますし、デモに遭遇したこともあります。しかし、日本で取り上げられているように悪いことばかりが起こっているわけではありません。様々な背景を持つ人々が共に生活し、イベントを楽しんでいます。もちろん日本で生活しているときとは違い、身の回りに関して気をつけなければいけないこともありますが、メディアから得た情報だけを鵜呑みにしてはいけないということを、より実感しています。
 ブレーメンでは数日前よりフライマルクトが始まりました。ソーセージやビールなどの食事を楽しめるほか、ジェットコースターや観覧車なども設置され、毎日たくさんの人で賑わっています。これからもクリスマスマーケットなど、ドイツの文化を感じられるイベントが多く開催されるので、とても楽しみです。
 勉強はもちろん、それ以外でも多くのことを経験し、これからの留学生活を充実させていきたいと思います。