BSA IV の留学生活報告ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 松原 弥恵さん
松原  弥恵さん
2017年9月より、ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学でのプログラムに参加
BSA IVドイツ

(step1.到着しました。)留学生活開始

【2017年10月16日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  ブレーメンに到着してから早くも3週間が経ちました。オリエンテーションやウェルカムパーティが終わって授業が始まり、ようやく落ち着いた日々を過ごしています。学校やブレーメンでの生活にもようやく慣れてきたなぁと感じています。
街中を歩けば、アコーディオンの音色が聞こえ、ゆったりとした時間が流れる素敵な街、ブレーメン。トラムやバスがいたるところに走っており交通の便が良い上、街の方たちは親切で温かく基本的には英語も通じるため、生活をしていて不便を感じることはほとんどありません。ただ、想像していた以上に気温が低く、10月ですがすでにダウンコートが手放せない寒さに驚いています。
 私の通う学校にはヨーロッパの国を中心に世界中から留学生が来ており、オリエンテーションやイベントで交流をする機会がたくさん設けられていたので、すぐに仲良くなることができました。気さくでノリの良い彼らと過ごす時間はとても楽しいですが、流暢に英語で会話をする彼らの英語力にもっとついていけるようになりたいと強く思い、到着後すぐに明確な目標ができました。
 授業は自分の興味に合わせて履修することができるため、時間割や学校での過ごし方は人によって大きく異なります。私は経営学と英語の授業を中心に履修しています。今は正直なところ、先生のおっしゃることを理解し授業についていくことに必死ですが、様々な国から来ている学生と学べることは楽しいです。また、日本語を勉強している現地学生とお互いの言語を教えあうタンデムというシステムを活用しており、授業のない時間にパートナーとドイツ語や英語、日本語で会話をする機会があり、これも嬉しい点です。これからもっと仲良くなれればなぁと、とても楽しみです。
 新しい環境での10ヶ月間の生活は、あっという間のものになると思います。だからこそ、自分の目標ややりたいことを意識しながら一日一日を大切にして、充実した楽しい留学生活を送りたいです。

(step2.もう半ばです。)冬セメスターを終えて

【2018年3月28日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6  留学生活が始まってから、半年が経とうとしています。想像していた以上に時が過ぎるのは早く、冬セメスターが終わるのもあっという間でした。
 ドイツの冬は非常に日が短く、太陽が昇ったかと思えばすぐに沈んでしまいます。また、日本と比べようもないくらいの厳しい寒さに驚きました。しかし、12月にはドイツの各都市でクリスマスマーケットが開催され、思い描いていた通りのヨーロッパでのクリスマスを体験することができました。ブレーメンでも大きなクリスマスマーケットが開かれており、開催期間中は授業終わりに訪れ、夢の世界にいるような気分に浸っていました。現在は、もうすぐ訪れる春を心待ちにしながら楽しく過ごしています。
 大学では冬セメスターが終わり、授業やプレゼンテーション、試験など一通りの流れを経験しました。私は空き時間があると怠けてしまうので、冬セメスターは授業とタンデムを詰めた時間割をつくり、毎日忙しくしていました。タンデムが基本的に生活の中心で、学校生活はもちろん、土日や長期休暇も多くの時間をタンデムパートナーと過ごしていました。そのおかげもあり、ドイツへ来た当初は他国から来た留学生の語学力の高さに圧倒されていましたが、今ではためらいなく自信をもって、英語で自分の意見を主張できるようになったと思います。また、タンデムパートナーとの交流を通して、ドイツ人同士で会話している内容もきちんと分かるようになりたいと考えるようになり、英語だけではなく、ドイツ語をもっと話せるようになりたいと思いました。あまり器用なタイプではありませんが、夏セメスターではこの恵まれた環境のもとで、英語とドイツ語の習得を目指して語学習得に励むつもりです。
 ドイツでの生活も終わりが近づいていることを実感するようになってきましたが、まだ達成できていない目標や、やりたいことがたくさん残っています。留学を終えたときに後悔することのないよう、残された時間を大切に楽しみながら突っ走ろうと思います。