BSA IV の留学生活報告ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 松原 弥恵さん
松原  弥恵さん
2017年9月より、ドイツ・ブレーメン州立経済工科大学でのプログラムに参加
BSA IVドイツ

(step1.到着しました。)留学生活開始

【2017年10月16日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  ブレーメンに到着してから早くも3週間が経ちました。オリエンテーションやウェルカムパーティが終わって授業が始まり、ようやく落ち着いた日々を過ごしています。学校やブレーメンでの生活にもようやく慣れてきたなぁと感じています。
街中を歩けば、アコーディオンの音色が聞こえ、ゆったりとした時間が流れる素敵な街、ブレーメン。トラムやバスがいたるところに走っており交通の便が良い上、街の方たちは親切で温かく基本的には英語も通じるため、生活をしていて不便を感じることはほとんどありません。ただ、想像していた以上に気温が低く、10月ですがすでにダウンコートが手放せない寒さに驚いています。
 私の通う学校にはヨーロッパの国を中心に世界中から留学生が来ており、オリエンテーションやイベントで交流をする機会がたくさん設けられていたので、すぐに仲良くなることができました。気さくでノリの良い彼らと過ごす時間はとても楽しいですが、流暢に英語で会話をする彼らの英語力にもっとついていけるようになりたいと強く思い、到着後すぐに明確な目標ができました。
 授業は自分の興味に合わせて履修することができるため、時間割や学校での過ごし方は人によって大きく異なります。私は経営学と英語の授業を中心に履修しています。今は正直なところ、先生のおっしゃることを理解し授業についていくことに必死ですが、様々な国から来ている学生と学べることは楽しいです。また、日本語を勉強している現地学生とお互いの言語を教えあうタンデムというシステムを活用しており、授業のない時間にパートナーとドイツ語や英語、日本語で会話をする機会があり、これも嬉しい点です。これからもっと仲良くなれればなぁと、とても楽しみです。
 新しい環境での10ヶ月間の生活は、あっという間のものになると思います。だからこそ、自分の目標ややりたいことを意識しながら一日一日を大切にして、充実した楽しい留学生活を送りたいです。